ENdoSnipe Search+

企業内情報、業務レポート、アンケートや論文などの膨大な日本語文書に対して、高速でインテリジェントな検索体験を提供します。
ユーザが期待する検索体験の向上に必要不可欠な日本語独自の辞書メンテナンスを強力サポート。
コストのかかる辞書メンテナンスの大幅なコストダウンを可能とします。

高速でインテリジェントな検索

使い方の説明など不要な普段から使い慣れている検索UIで、膨大な日本語文書を高速に検索することが可能です。
検索履歴からの検索キーワードのサジェストが検索体験をより向上させます。

仕事の中で、いつも必要な情報を探すことに時間を割かれていませんか?
ENdoSnipe Search+により、検索効率を向上させて、日ごろの業務の大幅な効率化によるコスト削減を実現しましょう。

辞書メンテナンスを強力サポート

ユーザの期待する検索体験を向上させるには、日本語の場合は特に自然言語処理の専門知識を用いた継続的な辞書のメンテナンスが必要となります。

しかし、このような専門知識をもったスタッフを継続的にメンテナンス業務にアサインし続けることは簡単なことではありません。

ENdoSnipe Search+はこのような日本語の辞書メンテナンスを簡単な画面操作で実現できる機能を提供します。
検索履歴の分析機能を合わせて活用することで、ユーザの検索体験を低コストで実現できるようにサポートします。

検索履歴からビジネス価値を創造

検索履歴からは様々なことが分かります。
検索ユーザの知りたい情報、困っていること、検索傾向から見る組織の状況、検索されることのない不要なドキュメント。

ENdoSnipe Search+が提供する検索履歴分析ダッシュボードはこれらの情報から業務効率化やビジネス価値を創造する気づきを得るための分析を可能とします。

また、検索対象の文書に対する分析ダッシュボードも備えていますので、例えば業務レポートを分析して、日ごろの業務の傾向を把握したい、といった分析に利用することが可能です。